2015年01月26日

つきのわ料理店♪

1月25日(日)

腰痛持ちの私が札幌に引っ越してきてからずっとお世話になっている
治療院の先生たちとの新年会かわいい

ノルディックウォーキング仲間であり、同じく治療院の患者でもある
Iさんのお声掛けで実現しましたぁるんるん


Iさんお勧めのお店

つきのわ料理店


ジビエ料理、そして道産野菜や海鮮などが食べられるお店です。

ドリンクもビールは江別<NORTH ISLAND BEER>の樽生が飲めます★
ワインや日本酒も道産&国産がズラリひらめき


しかも日曜日休みが多いすすきのエリアで、日曜日も営業しているなんてうれしい〜♪



計6名の新年会

飲み放題付き宴会コース  一人/4,000円

まずはビール<プレモル生>で”かんぱ〜い”ビール

鶏白レバーのパテ
20150125_181208.jpg

さっさとビール飲んで、おいしいパテはワインとともに揺れるハート


海の幸の盛り合わせ たち・ムール貝・あさり・えび
20150125_181336.jpg

ファームタマキの野菜を使ったアイオリ
20150125_183731.jpg

4種類のチーズのドーム焼き
まずはこんな感じで登場!
20150125_184514.jpg

そして、ドームを割ってみると・・・トロリ〜ととろけた4種類のチーズが・・・
20150125_184351.jpg

鹿肉&鴨肉の串焼き と エゾシカのサルシッチャ
20150125_185716.jpg

ユリ根の海老詰めフリット
フリットにはトリュフがパラパラっと・・・
20150125_191036.jpg

牡蠣とホッキ貝のご飯
”ダッチオーブン”でふっくらと炊きあがっています★
20150125_192111.jpg


アーモンドキャラメルプリン
写真撮り忘れたあせあせ(飛び散る汗)



なんと飲み放題メニューのワインも国産
日本酒も新十津川の”金滴”
http://www.kinteki.co.jp/company.html

先生たちの故郷”新十津川”のお酒とあって、
彼らはなんとうれしそうに、おいしそうに飲むことわーい(嬉しい顔)


そして、このお店の名前がついたハイボールがうまい!!

今話題のニッカウイスキー 白州を使った”つきのわハイボール”

これがキリッとシュワっととてもおいしいかったぁ



お料理だけでなく、ドリンクもこんなに充実してこのお値段は
ほんとうにリーズナブルな宴会コースです。

コースメニューにははいっていないのですが、ここは〆にお蕎麦という
のがウリのようですよんグッド(上向き矢印)


以前から気になっていたお店だったので、今回行くことができてよかったぁ

ホールの方たちの接客もgood

ここはリピ間違いなしです!!


<つきのわ料理店>
http://r.gnavi.co.jp/h031501/
http://ogacorp.com/restaurant/tsukinowa.html
posted by kaho at 17:01| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うまっ!北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

新潟 イタリア料理&ワイン ガンバコルタ♪

12月29日
実家に帰省し、最初の夜はイタリアン


車で10分くらいのところにある蔵を利用した隠れ家

イタリア料理&ワイン ガンバコルタ
http://www5.plala.or.jp/gambacorta/

弟家族と私の5人で
20141229_181402.jpg

20141229_182309.jpg

20141229_182602.jpg

20141229_182614.jpg    20141229_193001%280%29.jpg

20141229_184016.jpg

20141229_184224.jpg

20141229_185203.jpg

20141229_191835.jpg


12月31日
ツインズ<甥・姪>と待望のスキーに行ってきました
この日、彼らはボーゲンでターンができるようになりました。
20141231_124800.jpg

大晦日は日本海のおいしいカニと地酒
FB_IMG_1420120359374.jpg


2015年1月1日 元旦
人生初のボーリングに挑戦したツインズ
FB_IMG_1420366907721.jpg


ラストナイトは”たこ焼きパーティー”
20150102_193953.jpg


フライトまで少し時間があったので、新潟空港近くのボルダリング専用ジムで遊ぶツインズ
http://climbing-niigata.com/
FB_IMG_1420366799124.jpg


9連休もあっという間に終わり、明日は仕事始め。。。

2015年も良い年になりますように
posted by kaho at 19:15| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本ぶらりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

マガーリ♪

12月21日(日)

昨年夏に「1年間のお休みを頂きます」という告知とともに一時閉店
していたイタリアンが予告通り今年夏に場所も移転して再オープン

東京在住の北海道フリーク友達夫婦S長とMちゃんと一緒に行ってきました。


マガーリ

以前のお店は住宅街のなかの隠れ家だったけれど、新しいお店は
双子山の住宅街という、これまたわかりにくい場所。

マンションの4F
まずはオートロックの解除をお願いするためにインターホンでお店に連絡。

かなり狭い(^_^;)エレベーターで4階に到着

浮いているようにみえる壁ドアを押して中に入ります。
Mちゃんは壁とドアのせま〜い隙間をすり抜けて入っていったけどね(爆)

店内は予想していたより広々しています。

テーブルは5卓くらい
感覚が結構空いていて、ゆったり配置されています。
そのほかに奥に個室があるようす。

2014年12月28日 001.JPG


ディナーメニューはコース1種類 
札幌では結構高額な料金設定・・・ですね(^_^;)

ただワインなどドリンクはとても良心的なお値段のものからあるので
トータルで考えると想像しているほどではないかも★

2014年12月28日 004.JPG

前菜はマグロのカルパッチョ
2014年12月28日 003.JPG

春菊の濃厚スープ
2014年12月28日 006.JPG

大好きなホタテ♪
2014年12月28日 008.JPG

リゾット
2014年12月28日 010.JPG

トリュフたっぷり
2014年12月28日 012.JPG

2014年12月28日 013.JPG

メインのお肉<白老のあべ牛>はもっとたべた〜い!と思うほどおいしかったぁ
写真撮り忘れ

デザート
2014年12月28日 016.JPG

私はハーブティー
2014年12月28日 018.JPG

マンションだからということでもないのでしょうが、
なんだがお友達の家に来たみたなリラックスした気分で
ゆったり食事ができました

ほかのお客様たちも同じように感じているのか、
ほんわかとても雰囲気のよい店内。

居心地がよいってこういうことなのですねぇ・・・

大変おいしゅうございました


この日は前日の暖かさから一変、ものすごく冷えた日で
どこもかしこもアイスリンク。

双子山の中腹にあるお店までタクシーで行ったものの、
止まったが最後、タクシーがこれ以上登れない・・・
ということで、お店の一歩手前で下車。

帰りはお店で呼んで下さったタクシーの運転手さんがツルツルの坂道に
砂をまいておいてくれましたひらめき

こういう気遣いがほんとうのサービスというのでしょうねぇハートたち(複数ハート)
ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

<マガーリ>
札幌市中央区双子山3-2-5 ソニア双子山 4F
070-5288-8172
posted by kaho at 09:58| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うまっ!北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

秋のドイツ旅♪G

ドイツ滞在8日目
デュッセルドルフ ⇒ 帰国


とうとう帰国の日になってしまいましたぁ・・・

合計3泊お泊りしたKaiserswertherホテルの最後の朝ごはん

2014年携帯写真 2151.jpg

2014年携帯写真 2142.jpg

2014年携帯写真 2150.jpg

こんな奥のダイニングスペースもありました。
2014年携帯写真 2144.jpg



お世話になったご挨拶をして、チェックアウト
2014年携帯写真 1350.jpg
本当に居心地がよくて、素敵なかわいいホテルでした。



帰国日と言っても飛行機は夜7時半の出発

この日も1日、十分に遊べます


ということで、デュッセルドルフから電車で40分くらいのケルンに行くことに。

私はケルンは今回が3回目なのです。

最初は若かりし頃、バックパッカーとして友達Hちゃんとヨーロッパ2ヶ月強の貧乏旅。
2回目は今回いろいろとお世話になっているYくんとAちゃんの結婚式の時。

まさか、また訪れる機会があるとは・・・なにかケルンに不思議なご縁を感じるのです



最寄り駅からSバーンでまずはデュッセルドルフ中央駅へ
2014年携帯写真 2161.jpg


<自転車付き>のチケットを購入すれば、自転車も一緒に乗せられます。
2014年携帯写真 2162.jpg

DBでケルンへ
2014年携帯写真 2163.jpg

今までの鉄道の旅はたまたまラッキーだったのかも・・・
この日は乗る予定にしていた列車は遅れるは、ホームも変わるはでひと騒動でした。
ドイツ語がわかるAちゃん、そしてドイツで生まれ育っている小学生AOちゃんがいなかったら
いつまでもケルンについてなかったかも(^_^;)2014年携帯写真 2164.jpg


こんなに近いのに昔からデュッセルドルフとケルンは犬猿の仲と言われているらしい(^_^;)
そういう歴史があるのですねぇ・・・


ケルン中央駅から本当にすぐのところにある世界遺産のケルン大聖堂

列車の中から、建物の後ろ姿見えてきます。

2014年携帯写真 2174.jpg


列車を降りて2〜3分もかからずに大聖堂前の広場
2014年携帯写真 2179.jpg

何度見ても、圧倒される荘厳なゴシック様式建物です。
2014年携帯写真 2183.jpg

正式名称は<ザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂>
2014年携帯写真 2193.jpg

そして、歴史ある建物なので、いつもどこか修復工事をしています・・・
2014年携帯写真 2196.jpg

繊細な細工があちこちに施されています。
2014年携帯写真 2201.jpg


2014年携帯写真 2218.jpg

この大聖堂のなかは自由に観覧することができます。
2014年携帯写真 2202.jpg

ただ、この日は日曜日。
そして午前中ということもあってミサの真っ最中で、祭壇まで行くことができませんでした。
2014年携帯写真 2216.jpg

過去2回は見られたけれど、今回は有名な<東方三博士の聖遺物>(聖人の遺骨などが入った箱)
が見られなくて残念。
2014年携帯写真 2204.jpg


北・南側廊のそれぞれ5枚のステンドグラス
南側はバイエルン王国のルートヴィッヒ1世に寄進されたステンドグラス
「バイエルン・ステンドグラス」が有名。
2014年携帯写真 2206.jpg

2014年携帯写真 2208.jpg

2014年携帯写真 2217.jpg

キリスト埋蔵の像
2014年携帯写真 2213.jpg


ケルンの街はこの大聖堂を中心に放射状に広がります。

その中のショッピングエリアを歩いてみましたが、なんと日曜日でほとんどお店がお休み。
2014年携帯写真 2220.jpg   2014年携帯写真 2222.jpg 
観光客向けのお土産屋さんくらいしかやっていませんでした。


ぶらぶらと散歩しながら街を巡ってみました。
2014年携帯写真 2224.jpg  

2014年携帯写真 2231.jpg

2014年携帯写真 2232.jpg

2014年携帯写真 2236.jpg

2014年携帯写真 2237.jpg

2014年携帯写真 2239.jpg

ライン川に出ました。
2014年携帯写真 2241.jpg

乗船場 行列ができていました。

2014年携帯写真 2246.jpg
遠くに見えるのがホーエンツォレルン橋
第二次世界大戦の際に破壊され、再建されたものです。

ドイツァー橋
2014年携帯写真 2247.jpg


ビールを飲んでいるお客さんがたくさんいるテラスがいくるもある広場へ。
2014年携帯写真 2275.jpg

2014年携帯写真 2277.jpg



そして、喉も乾いて、お腹も空いてきたので、私たちもそろそろランチ

ドイツ料理の店 Gilden im Zims


ケルンのビールと言えば<ケルシュ>
「シュタンゲ」と呼ばれる200mlの円柱型の細長いタンブラーグラスで飲みます。

Gilden Kölsch ギルデン・ケルシュ

2014年携帯写真 2251.jpg

「ケルシュ協約」に調印しているケルン近郊の24の醸造所のビールだけが、
ケルシュを名乗ることができるそうです。

フルーティでホップの香りと少しの苦味もあって、とっても好きなタイプのビール。
キレがのあって、ごくごく飲めちゃいます。


グラスが空になると、クランツと呼ばれる王冠のような形をした
手提げのお盆に乗せてどんどん運んで来てくれます。

日本のわんこそばのようなシステム。

もういらないと思ったら、空いたグラスの上にコースターを載せるのだとか(笑)

2014年携帯写真 2261.jpg
とっても笑顔がすてきなウェイトレスさんわーい(嬉しい顔)


食べ物のオーダーでも、メニューにない組み合わせをお願いしても
こころよく引き受けてくれました

2014年携帯写真 2262.jpg

2014年携帯写真 2264.jpg

2014年携帯写真 2274.jpg

だんだん日差しが出てきて暖かくなって、のんびりランチになりました。

また大聖堂に向かって・・・
2014年携帯写真 2279.jpg

2014年携帯写真 2280.jpg

2014年携帯写真 2283.jpg


ケルンと言えば・・・もう一つ

<ケルンの水>オーデコロンの元祖「4711」
製造工場に与えられたグロッケンガッセ通りの「4711」という番地を
そのままブランド名にしたのだとか。

2014年携帯写真 2288.jpg
残念ながら本店に行く時間がなかったので、駅前広場にあったショップで購入。



本当に短い滞在時間だったけれど、気持ちのよい時間を過ごせました。



帰りはUバーンで、1時間ちょっと。2014年携帯写真 2294.jpg


Kaiserswertherに戻り、Yくん一家が住むアパートの周りをブラブラ。
2014年携帯写真 2296.jpg

2014年携帯写真 2298.jpg

2014年携帯写真 2300.jpg


お休みの日はこの街に住む人たちがたくさん集まって、思い思いに広場で過ごしています。
2014年携帯写真 2301.jpg

2014年携帯写真 2302.jpg

Yくん一家が住むアパートメント
2014年携帯写真 2303.jpg

2014年携帯写真 2306.jpg


名残惜しいけれど、日本に帰る時がやってきました。

Yくんが車でデュッセルドルフ空港まで送ってくれました。


空港ではTAX返還の手続きをしたり、お土産を買ったり・・・

そして、飛行機に搭乗する直前までこちら
2014年ドイツデジカメ 264.jpg


今回は往復とも飛行機はボーイング787
原因がはっきりわからないけれど、バッテリーから発煙したとか、
いろいろ問題があって、導入されてからニュースになることが多かった機種
2014年ドイツデジカメ 269.jpg
ちょっと不安もあったけど、乗ってみたらなんとエコノミーでもゆったりとしたすばらしい乗り心地


残念ながら復路は同じ787でも初期の頃のモデルだったのか、シート間が狭い・・・
往路が最高だっただけに、ちょっとがっかり・・・


ただ、10時間を超える長旅のなか、この<雑炊>はよかった!2014年携帯写真 2307.jpg


成田には定刻午後2時より30分ほど早く到着
無事に帰国しました。


もともと1年前にMとふたりでドイツに行こうと計画していたものが、
1年遅れになったけれど、結果的には4人旅になって、楽しさ倍増でした

MとMママ、そして我が弟にもたっぷりお世話になった旅でした

ヨーロッパ旅はロングな休みがないと行くのが難しいし、もったいない。

またいつその機会がやってくるかはわからないけれど、そのときを楽しみに
頑張って働きますかぁ
posted by kaho at 18:06| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 地球ぶらりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

秋のドイツ旅♪F

ドイツ滞在7日目
デュッセルドルフ ⇒ベルギー ブリュッセルへ日帰りドライブ


この日はYくんがお仕事をお休みして、車でベルギーのブリュッセルに
連れて行ってくれました。

高速道路 アウトバーンをひたすら走ります。
ドイツ国内はスピード無制限のところも結構あるらしい・・・

Yくんの愛車ボルボは平均160〜180kmくらいで走行車(RV)


ドイツからまずはちょっとだけオランダを通過します。
2014年携帯写真 1975.jpg
途中、オランダのガソリンスタンドで給油



そして、オランダからベルギーに入ります。
2014年携帯写真 1976.jpg


ベルギーに入るとアウトバーンも制限速度があって、交通量も多くなります。
デュッセルドルフを出発してから3時間半くらいでブリュッセルの市街地に到着。

2014年携帯写真 1977.jpg
ドイツとは明らかに雰囲気が違います!
なんだか華やかぁ〜 
そして洗練されている感じ

凱旋門!
2014年携帯写真 1979.jpg


ブリュッセル公園の道路脇のパーキングに駐車して、ここから歩いてあちらこちら
見て回ることにしました。

ブリュッセル公園
2014年携帯写真 1981.jpg

ハートのベンチで仲良くおしゃべりかわいい
2014年携帯写真 2086.jpg

公園を通り抜けると、そこはベルギー王国<Kingdom of Belgium>の王宮
2014年携帯写真 1986.jpg

王宮の横の道をどんどん進み、市街地が一望できる高台に出ます。
2014年携帯写真 1990.jpg

音楽博物館
2014年携帯写真 1992.jpg


きれいにお手入れされた公園の階段を下ると旧市街地です。
2014年携帯写真 1994.jpg

旧市街地をブラブラ
2014年携帯写真 1997.jpg  2014年携帯写真 1999.jpg  2014年携帯写真 2001.jpg


サン・ミッシェル大聖堂 Cathédrale St. -Michel
2014年携帯写真 2004.jpg

ギャルリー・サンチュベール
おしゃれなお店が並んでいます。
2014年携帯写真 2006.jpg

かわいいチョコレートショップも
2014年携帯写真 2009.jpg



食べ物横丁のイロ・サクレ
2014年携帯写真 2011.jpg

細い通りにレストランやカフェがひしめいています。
2014年携帯写真 2014.jpg

2014年携帯写真 2015.jpg    2014年携帯写真 2016.jpg
こういうところは観光客が多いようです。

”えせ”ションベン小僧発見!!ビールかぁぁ
2014年携帯写真 2019.jpg



そして旧市街の中心へ向かいます。
2014年携帯写真 2020.jpg

グランプラス この広場は世界遺産です!

市庁舎
2014年携帯写真 2023.jpg

2014年携帯写真 2033.jpg

ギルドハウス 王の家
2014年携帯写真 2035.jpg


この前夜、このグランプラスで”レディー・ガガ”のコンサートがあったのです。
セットの後片付け中でした。
2014年携帯写真 2030.jpg


グランプラスからさらに歩いて・・・
2014年携帯写真 2041.jpg   2014年携帯写真 2039.jpg

途中、ベルギービールのお店を覗いてみました!
2014年携帯写真 2045.jpg


それぞれのビール専用のグラスがあるのですひらめき
2014年携帯写真 2052.jpg

陳列されているビールがとにかく綺麗で絵になります揺れるハート
2014年携帯写真 2056.jpg

ビールの種類がとにかく多いわーい(嬉しい顔)

そしてアルコール度数が高いのがベルギービールの特徴

調子に乗ってガブガブ飲んだら、大変なことになっちゃうよあせあせ(飛び散る汗)
2014年携帯写真 2054.jpg  2014年携帯写真 2055.jpg


そして人だかりが・・・と思ったら・・・”小便小僧”に到着
2014年携帯写真 2059.jpg
17世紀にデュケノワによって作られた可愛らしい彫像。
”マヌカン・ピス”とか”プチ・ジュリアン”と呼ばれているブリュッセルの最年長市民
今までに2度盗難に遭っているらしいダッシュ(走り出すさま)

2014年携帯写真 2058.jpg
この日はナポレオン(?)の衣装を着ていました目

結構歩いたので、像のすぐ前のカフェでひと休み
2014年携帯写真 2062.jpg

2014年携帯写真 2065.jpg

2014年携帯写真 2067.jpg

カフェの中には小僧くんのお衣装写真が・・・
2014年携帯写真 2072.jpg   2014年携帯写真 2073.jpg

一度、車まで戻って、別のエリアに移動することに。

ベルギーの有名な画家マグリットのショップ
2014年携帯写真 2082.jpg

ロワイヤル広場 Place Royale

聖ヤコブ教会
2014年携帯写真 2083.jpg

広場の中央には第1次十字軍の指導者ゴドフロワ・ド・ブイヨンの騎馬像があります。

またまた王宮の前を通って、ブリュッセル公園へ。
2014年携帯写真 2085.jpg

車で移動
2014年携帯写真 2090.jpg

ぶらぶら歩きでお腹もペコペコなのでランチタイム。

スィーツ・チョコレートのお店が立ち並ぶグランサブロン広場へ
2014年携帯写真 2094.jpg  2014年携帯写真 2099.jpg

2014年携帯写真 2118.jpg   2014年携帯写真 2095.jpg


ランチはこちらのベルギー料理のお店
L'Entree des Artistes
2014年携帯写真 2110.jpg

有名なアーティストたちの写真がたくさん飾られていました。
2014年携帯写真 2101.jpg

2014年携帯写真 2100.jpg

2014年携帯写真 2102.jpg

2014年携帯写真 2105.jpg

2014年携帯写真 2106.jpg

ベルギーと言えば”ムール貝のワイン蒸し” そして”フリット”(フライドポテト)
2014年携帯写真 2108.jpg

ムール貝は冬が美味しいと聞いていたので楽しみにしていまた。
セロリなど香りの高い野菜も入っていてとってもおいしかったぁ揺れるハート


広場にはワッフルのワゴン
2014年携帯写真 2111.jpg


そして、ベルギーと言えばもうひとつ!
チョコレート
こちらでお土産購入です。

ピエール・マルコリーニ
Pierre Marcolini
http://www.tripadvisor.jp/LocationPhotoDirectLink-g188644-d246011-i39981295-Place_du_Grand_Sablon-Brussels.html

2014年携帯写真 2116.jpg

2014年携帯写真 2121.jpg

2014年携帯写真 2124.jpg

2014年携帯写真 2112.jpg  2014年携帯写真 2122.jpg

2014年携帯写真 2114.jpg  2014年携帯写真 2119.jpg

2014年携帯写真 2121.jpg  2014年携帯写真 2123.jpg



そして、デザートはこちら

ヴィタメールのテラスで
Wittamer
http://4travel.jp/overseas/area/europe/belgium/brussels/restaurant/10005574/
2014年携帯写真 2125.jpg

2014年携帯写真 2134.jpg

2014年携帯写真 2137.jpg

2014年携帯写真 2133.jpg

2014年携帯写真 2140.jpg

店内もかわいいピンク!
2014年携帯写真 2130.jpg  2014年携帯写真 2132.jpg

短い滞在時間だったけど、ブリュッセルの雰囲気は結構堪能できましたるんるん



さあ、アウトバーンを飛ばして、お腹をすかせたAちゃんとAOちゃんが待っている
デュッセルドルフに帰りましょう!

今回の旅の最後の夕食ですレストラン

2014年ドイツデジカメ 252.jpg

2014年ドイツデジカメ 253.jpg

ドイツ最後の夜はやっぱりソーセージとビール
2014年ドイツデジカメ 255.jpg

2014年ドイツデジカメ 257.jpg

ここはドイツ料理だけでなく、メニューが豊富
ピザやアヒージョもありました。
2014年ドイツデジカメ 256.jpg  2014年ドイツデジカメ 259.jpg

そしてお昼に本場ブリュッセルで頂いた”ムール貝のワイン蒸し”が!
旬なのでドイツでも!
2014年ドイツデジカメ 261.jpg
こちらも本場に負けず美味しかったです!

この日はホテルに戻って、荷造りしなきゃ・・・と思いつつ、
おいしいアルトビールをおかわりする私たちなのでした(笑)

ドイツ最後の夜はあっという間に時間が過ぎていってしまいましたぁ
posted by kaho at 15:22| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球ぶらりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

秋のドイツ旅♪E

ドイツ滞在6日目
ローテンブルグ⇒デュッセルドルフ


レストランが評判のホテルなので朝食も楽しみにしていました。
こじんまりとしたレストランはあちこちの国からやってきた宿泊客でいっぱい。


今まで泊まったホテルはどこも朝食が充実。
そして、ここも予想どおりハム、ソーセージ、チーズなど種類がたくさんあって
パンもとてもおいしかったぁ

2014年携帯写真 1817.jpg

4人でゆったりと朝食タイム

レストランには中世の戦争場面のジオラマが展示されていました。
なにか有名な戦いの場面・・・??
2014年携帯写真 1820.jpg  2014年携帯写真 1821.jpg

11時チェックアウトまでのんびり街散策 
お土産も買いたいし〜


前日の夕方から天気がよくなり、この日も青空が広がっていました
2014年携帯写真 1830.jpg
やっぱり太陽の日差しがあると建物や景色がさらに素敵に見えます!

朝のブルク公園
2014年携帯写真 1824.jpg

街で一番古い館を利用した居酒屋 ツア・ヘル 地獄亭
2014年携帯写真 1827.jpg


2014年携帯写真 1828.jpg  2014年携帯写真 1831.jpg  2014年携帯写真 1832.jpg

2014年携帯写真 1838.jpg  2014年携帯写真 1839.jpg  2014年携帯写真 1840.jpg


そして、これを食べてみたかったのです!

シューネバル <雪の球>

シュネーバル専門店やパン屋さんで売っています。
2014年ドイツデジカメ 207.jpg

2014年ドイツデジカメ 208.jpg

丸い球状の型に紐状の生地を入れて揚げたドーナッツのようなお菓子
2014年携帯写真 1731.jpg

プレーンはお砂糖がたっぷりかかっています。
そのほかにチョコレート、コーヒーなどでコーティングされたものも。

結構大きいのでおやつというより、お昼ごはんになっちゃう感じです。
移動の電車のなかでおやつに食べようとミニサイズがあったので、
そちらを購入しました。



甥っ子と姪っ子にはドイツの有名は<信号のキャラクター>アンペルマングッズを購入
http://ampelmann.co.jp/

フランケンワインを買いたいという弟とワイン屋さんへ

お土産用のお手頃な金額のものから、厳選されたブドウで醸造したものまで
美しく陳列されています。

2014年携帯写真 1844.jpg

2014年携帯写真 1846.jpg

ワインの他にかなりアルコール度が高いシュナップス
2014年携帯写真 1843.jpg

シュナップスは量り売りもしています。
2014年携帯写真 1842.jpg

お店オススメのフランケンワインをお土産に一本購入した弟です!2014年携帯写真 1847.jpg



ローテンブルグと言えばここ!といっても過言ではないくらい有名なお店

ケーテ・ヴォールファールト

お店の前には目印の赤い車
2014年携帯写真 1854.jpg

ここには1年中クリスマス♪

2014年携帯写真 1856.jpg


ショップの中は中二階があったり、案外広くて、じっくり見ていたらあっという間に
数時間経ってしまいそうなので、目についたかわいいオーナメントとキャンドルを
数点購入。
2014年携帯写真 1857.jpg

2014年携帯写真 1859.jpg



2014年携帯写真 1860.jpg

マルクト広場に戻るとMママと弟がテラスのんびりお茶してる姿が・・・

2014年携帯写真 1864.jpg

Mママはお茶だけど、弟はすでにビールタイム(笑)

じゃ、私も!!わーい(嬉しい顔)
2014年携帯写真 1867.jpg


Mはまだクリスマスショップでお土産物色中ってことで、三人で午前中の太陽の日差しを
浴びながらくつろいでいると、そこに1台のワーゲンが到着。
中から、なんと花婿と花嫁が出てきました。
2014年携帯写真 1879.jpg
ドイツでは基本的に市庁舎で結婚式を挙げるそうです。
シンプルな衣装はそういうことなのねぇ・・・と納得!


アッという間に11時近くになり、大慌てでホテルをチェックアウト。
2014年携帯写真 1893.jpg

ホテル近くで”猫ちゃん”発見!2014年携帯写真 1881.jpg

2014年携帯写真 1882.jpg

タクシーを呼んでもらい、駅まで移動。

ローテンブルグ駅前
2014年携帯写真 1900.jpg  2014年携帯写真 1901.jpg  

駅構内はかなり殺風景な感じ
2014年携帯写真 1908.jpg  2014年携帯写真 1906.jpg

電車の時間まではまだ少し余裕があったので、駅前のスーパーを覗いてみました。
2014年携帯写真 1905.jpg

みごとに陳列されたマギー商品
2014年携帯写真 1902.jpg

そして、友達Kちゃんから頼まれていたハリボーのグミもめちゃたくさん種類が陳列
定番の”ゴールデンベア”といろいろな種類がミックスされたものを購入。
日頃グミなんてまったく食べないのでKちゃんに聞くまでグミがドイツ生まれだと知りませんでした。
もちろんハリボーのグミは日本でも買えるのだけれど、やっぱり本場でね!


ミュンヘン滞在中は自分のブーツしか買わなかったので
ローテンブルグではけっこうお土産も購入できました。



さて、この日はローテンブルグからデュッセルドルフまでの電車の旅

ローテンブルグ⇒シュタイナッハ⇒ヴュルツブルグ⇒デュッセルドルフ

ローテンブルグから電車に乗ってすぐに<シュネーバル>を食べてみました。
2014年携帯写真 1909.jpg

やっぱりミニサイズでよかった!
通常サイズだったらちょっと飽きちゃう味かな・・・(^_^;)

2014年携帯写真 1914.jpg

シュタイナッハからヴュルツブルグまでは結構込み合っていて座れず・・・


2014年携帯写真 1924.jpg
ヴュルツブルグからはICEに乗り換えです。
乗り換え時間は20分ほどあったので、ホームでぶらぶら。

2014年携帯写真 1919.jpg


真正面の斜面にはブドウ畑が広がっています★
さすがフランケンワインの有名な産地です!
2014年携帯写真 1926.jpg

ホームの自販機で<ミカド>(日本商品名:ポッキー)を購入。
2014年携帯写真 1922.jpg

予定時刻より数分遅れで列車が到着
2014年携帯写真 1918.jpg

ICやICEは席の予約できます。
早期予約割引があるので2ヶ月前にデュッセルドルフのAちゃんに予約してもらっていました。
ローテンブルグ〜デュッセルドルフ(指定席含む)で12,000円くらいでした。

20141207_152921.jpg

日本の指定席とは違い、予約した人が乗り込むまでは誰でも自由に座ってもよいそうです。
この時も他の人が座っていたので、予約チケットをみせて席を空けてもらいました。

窓枠のうえにちゃんと予約席<ヴュルツブルグ〜デュッセルドルフ>と表示してありました。

乗車してまもなく車掌が検札にやってきましたよ。

ヴュルツブルグで列車を待っているあいだに軽いランチを調達
もちろんおともには”ビール”
2014年携帯写真 1940.jpg

フランクフルトやケルンなどを通過し、一路今回の旅の拠点 デュッセルドルフへ
2014年携帯写真 1941.jpg


デュッセルドルフ中央駅からSバーンでMの弟 Yくんの家があるKaiserswertherに午後5時頃到着
2014年携帯写真 1942.jpg

そして、MとMママはYくんのおうちへ、我等はまた初日にお世話になった駅から歩いて5分ほどのホテルへ


ホテルに戻ると、笑顔がかわいいママが迎えてくれました。
IMG_20571597955085.jpeg

「ただいまぁ〜」

「ミュンヘンではビールをいっぱい飲んできたの??」と聞かれ
「もちろん!ほらこのおなか」と答える弟です(^_^;)


これから2泊は中庭から出入りする広くて使い勝手のよいお部屋です。
2014年携帯写真 1972.jpg  2014年携帯写真 1946.jpg  2014年携帯写真 1945.jpg 


ひと休みしたところで夕食の時間

今晩は楽しみにしてたYくんのお店 
地元のお客様に愛されている日本食レストラン『4 Seasons』で夕ご飯
http://www.4seasonskaiserswerth.com/

http://www.4seasonskaiserswerth.de/

2014年携帯写真 1948.jpg

もともとカウンターだけでスタートしたお店も、今では拡張して広くなりました。
2014年携帯写真 1950.jpg


ドイツに来てから、ほぼ毎日ドイツ料理を食べていたけれど、まったく飽きることなく
おいしいなぁと思って食べていました。
でも、やはり和食を食べると「待ってましたぁexclamation」と体が喜んでいるのがわかります。

2014年携帯写真 1951.jpg

私は苦手なので食べなかったけれど、サーモンのお刺身はとってもおいしくて
みんなに大好評揺れるハート
2014年携帯写真 1957.jpg

人気メニューのてんぷら
2014年携帯写真 1963.jpg

ホタテの串焼き 枝豆
2014年携帯写真 1960.jpg

Aちゃんが教えてくれたのだけれど、ドイツの人たちの枝豆の食べ方がおかしいって。
日本人はそんなに強く外皮をかまないで「ポン!」と口のなかにうまくお豆を出すことができますが、
彼らはものすごい力で外皮を歯と唇でしごいていました(笑)
枝豆の外皮って結構毛がチクチクするのに、唇に刺さらないのだろうか???


サラダ
2014年携帯写真 1958.jpg

握り寿司
2014年携帯写真 1966.jpg


気が付けば満席♪

実はこの日も私たちの隣のテーブルにテクノミュージックの人気バンド”クラフトワーク”の
ひとりが数人で食事に来ていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF

2014年携帯写真 1955.jpg

といってもまったく聞いたことがないバンド・・・
ただ日本に帰ってきてから、英会話の先生に話したら「Unbelievable!!」の連発ひらめき
そのバンドのファンでコンサートも行ったことがあるそうです。
先生に「で、そのバンドのだれが来ていたの?」と聞かれたけれど・・・「I do't know」です(^_^;)


2014年携帯写真 1964.jpg

私たちは途中からワインを頂きましたが、海外で人気の日本酒”獺祭”など
日本酒の種類も結構ありました。


ちなみにランチは”うどん”が一番人気だそうです★


今や<和食>はユネスコの”世界無形文化遺産”ぴかぴか(新しい)
ヨーロッパでも人気の食文化なのだというのがよくわかりました!

デュッセルドルフは日本の商社が多いので、ドイツの中でも特に日本人が多い都市。
市街地には和食レストランはいくつもあるけれど、このKaiserswertherは市街地から
少し距離のある住宅街。

そんな場所にあるので隠れ家的なお店としての利用も多いらしい。
今やドイツは日本のサッカー選手が多く集まる国。
このちょっと離れた街にある『4 Seasons』にも日本の選手が
来たことがあるそうですよ。

http://frakonnex.com/archive/376/#.VIAFTDGsWf8

2014年携帯写真 1970.jpg

日本人が外国でお店や会社を経営していくには、私なんかにはわからない
苦労が山ほどあるのだと思います。
でも、こんなにみんなに愛されている『4 Seasons』なので、これからもずっと
ドイツのみなさんにひいきにしてもらって、おいしい日本食を食べてもらえたらなぁって
心から思いました。
2014年携帯写真 1969.jpg
Yくん、Aちゃん、がんばれ〜♪
posted by kaho at 15:20| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球ぶらりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

秋のドイツ旅♪D

ドイツ5日目
ミュンヘン⇒ローテンブルグ泊



ミュンヘンを出発する日。
前日朝にすこしぶらっとしただけのミュンヘン観光だったので
予定を変更して午前中はミュンヘンを散策。

バイエルン王家の居城 レジデンツ
2014年携帯写真 1683.jpg

その右側に堂々と建つバイエルン州立歌劇場
2014年携帯写真 1680.jpg

マリエン広場周辺はブランド店などが並ぶショッピングエリア

まずは高級デリカテッセン<ダルマイヤー>に行ってみました。
http://www.dallmayr-jp.com/
カフェもあります。
2014年携帯写真 1684.jpg
店内はおいしそうなハム、ソーセージ、チーズが美しくケースに並んでいます。
焼きたてパンのいい匂いが店内に漂って・・・雰囲気はたっぷり味わいました♪
お茶はオクトーバーフェスト期間限定のパッケージだったのでお土産に。
そしてやっぱりコーヒーは外せません。


実は前日このあたりを散歩したときに、ある靴屋さんのウィンドウに釘付けになっちゃったのです。

飾ってあったブーツに一目惚れ!
今回の旅の自分のお土産はこれ!!
20141119_222712.jpg

ただ履いてみなことにはねぇ・・・ということで、お店がオープンする10時を待って入店。

20141119_222946.jpg

色・シンプルなデザイン、踵の高さが私の好みにピッタリ!
そしてなんといっても靴底が雪の降る札幌でそのまま履ける状態

本当に欲しいモノを見つけられてめちゃくちゃうれしかった〜ぴかぴか(新しい)

なんとMママも気に入っちゃって、同じ素材のショートブーツを購入。
二人とも大満足黒ハート



お昼頃の電車でローテンブルグに移動するのでミュンヘン中央駅で軽いランチ

2014年携帯写真 1688.jpg

この写真を見たとたん、メチャ食べたくなりましたるんるん

ベトナム・フォーをたべました。
2014年携帯写真 1689.jpg
美味しかったァ!!
やっぱりこういうスープ麺を欲するのよねぇひらめき



これから3時間半程の電車旅
ザルツブルグ行きと同じように<バイエルンチケット>を利用して4人で35ユーロ 
激安ですexclamation

この券売機は日本語も対応してました!
2014年携帯写真 1670.jpg

電車乗り継ぎはドイツ鉄道のホームページで調べられます。
ドイツ語はわからないけど、英語ならなんとか・・・

途中乗り換え時間が5分、7分などわずかしかない乗り換えが3回
荷物有りの移動なので、テキパキ動かないと!

2014年携帯写真 1690.jpg

そして旅のお伴はやっぱりコレ
2014年携帯写真 1691.jpg

車窓からはなだらかな丘が続き、かわいい家が点在する
まさにロマンチック街道という景色が続きます。
2014年携帯写真 1697.jpg

日本の鉄道のように時間どうりに運行するのかかなり不安だったけれど
どの電車も遅れなくほぼタイムスケジュール通り、順調にローテンブルグに到着電車

2014年携帯写真 1899.jpg

駅から街の中心までは歩いても15分くらいだけど
荷物もあるので、駅前からタクシーでホテルへ

後から聞いた話ではローテンブルグには5台ほどしかタクシーがないようです。
この時は運良く電車を降りたところがタクシー乗り場に近かったので一番に乗れました。

レーダー門をくぐって、旧市街地にはいると、おとぎの国に
迷い込んだようなかわいい街並みが続きます。
2014年携帯写真 1713.jpg


ホテルは街の中心 マルクト広場のすぐ近く
ライヒキュッヘンマイスター
「帝国料理長」と意味で、レストランの食事がおいしいと評判らしい・・・
2014年携帯写真 1705.jpg

2014年携帯写真 1718.jpg

 
本館は歴史を感じます。
宿泊部屋のほかレストラン、テラス、バーなどがあります。

2014年携帯写真 1888.jpg

2014年携帯写真 1889.jpg

2014年携帯写真 1729.jpg

2014年携帯写真 1720.jpg


私たちが宿泊したのは新館はそこからすぐのところにありました。
2014年携帯写真 1715.jpg

本館はメルヘンチックなお部屋だったのかなぁ・・・と思うけど、
新館はとてもシンプルな造りでした。
2014年携帯写真 1706.jpg  2014年携帯写真 1710.jpg  2014年携帯写真 1707.jpg

荷物を置いて、早速、街を散歩わーい(嬉しい顔)

午後3時過ぎだったけれど、本当に小さな街なのでガイドブックを見ながら
あちこち写真を撮りながら歩いて、2時間ほどでだいたいのところは
廻ることができました。
2014年携帯写真 1850.jpg

まずは街の中心 マルクト広場
2014年ドイツデジカメ 212.jpg

2014年携帯写真 1725.jpg

市庁舎
2014年携帯写真 1723.jpg

そしてローテンブルクのシンボル 仕掛け時計がある市議宴会館
2014年携帯写真 1724.jpg

上が日時計、下が通常の時計
そしてそれを挟んだ左右の窓に中世の歴史物語「マイスタートルンク」の仕掛け
があります。

2014年携帯写真 1726.jpg

ホテルのすぐ裏の聖ヤコブ教会
2014年携帯写真 1733.jpg

教会の横にこんなオブジェ
2014年携帯写真 1732.jpg


2014年携帯写真 1734.jpg

2014年携帯写真 1736.jpg

中に入ってみるとパイプオルガンの重厚な音が鳴り響いていました。
演奏している2階に上がってみました。

2014年携帯写真 1739.jpg

奏者の後ろには有名な”聖血の祭壇”
リーメンシュナイダー作「最後の晩餐」の彫刻

2014年携帯写真 1741.jpg



とにかく目に入る建物すべてがかわいらしいハートたち(複数ハート)

2014年携帯写真 1742.jpg

2014年携帯写真 1797.jpg


2014年携帯写真 1744.jpg

2014年携帯写真 1745.jpg
街の西端にあるブルグ門をくぐるとお城跡があるブルグ公園


2014年携帯写真 1746.jpg

2014年携帯写真 1747.jpg

ここからタウバー渓谷が良く見えます!
2014年携帯写真 1748.jpg

ローテンブルグの正式な名前は<ローテンブルク・オプ・デア・タウバー>
タウバー川の上方のローテンブルグ・・という意味

二重橋のドッペル橋
2014年携帯写真 1753.jpg

公園から南へ向かいます。
2014年携帯写真 1757.jpg

2014年携帯写真 1754.jpg

2014年ドイツデジカメ 220.jpg

途中、中世犯罪博物館を発見!
興味はあったけどここはパスあせあせ(飛び散る汗)
2014年携帯写真 1758.jpg

そしてやってきました!
よく写真でみかけるプレーンラインという町並み

2014年携帯写真 1764.jpg

そのまままっすぐメインストリートを南に向かいます。
2014年携帯写真 1795.jpg

街の南端にあるシュピタール門に到着
2014年携帯写真 1766.jpg

門の横にある階段で上に上がると、城壁の廻ることができます。
2014年携帯写真 1767.jpg

中世の時代に街を守るために造られた城壁
この城壁は今でもぐるっと街を取り囲んでいます。

2014年携帯写真 1768.jpg


帰り道は裏道を
この頃になったら、きれいな青空が出てきました晴れ

ユースホステル
2014年携帯写真 1771.jpg

なんだかたくさん目があるみたいで・・・キモいふらふら

2014年携帯写真 1772.jpg

2014年携帯写真 1774.jpg
城壁に登る階段があったので登ってみると、これまた素敵な景色
2014年携帯写真 1784.jpg

2014年携帯写真 1777.jpg

この辺りはフランケンワインの有名な産地
斜面にはブドウ畑が広がっています。
2014年携帯写真 1780.jpg

途中メインストリートに戻り、ウィンドをのぞきながらマルクト広場へ
2014年ドイツデジカメ 208.jpg

2014年ドイツデジカメ 211.jpg

シュタイフ社のテディランド
2014年ドイツデジカメ 219.jpg

2014年携帯写真 1798.jpg

広場に戻ると、たまたま夜7時頃近くにいたので仕掛けを見ることができました。
10時〜22時、毎時ジャストに動き出します。
2014年ドイツデジカメ 222.jpg

中世の30年戦争で街が敵の手に陥落したとき、敵方のティリー将軍が
「特大ジョッキのフランケンワインを一気に飲み干したら街を焼かない」と
言い出し、ヌッシュ市長が見事に飲み干し、街を救ったというお話。
毎年5月〜6月の聖霊降臨祭にこのお祭りが開催されるそうです。

右:ヌッシュ市長
2014年ドイツデジカメ 224.jpg

左:ティリー将軍
2014年ドイツデジカメ 226.jpg


  
明日の晴天が期待できそうな夕暮れ
2014年ドイツデジカメ 229.jpg


夕食は街歩きをしながら何軒か良さげなところをチェック

フランケンワインが飲めるということでガイドブックにも載っていた”グロッケ”
2014年携帯写真 1789.jpg


店内はとても落ち着いた雰囲気
2014年ドイツデジカメ 231.jpg
ガイドブックに載っているので私たちを含めて日本人グループ、カップルが3組ほど。

まずはフランケンワインの泡
2014年ドイツデジカメ 233.jpg


ドイツと言えばソーセージ
そしてその付け合せと言えば・・・ザワークラウト
これが私の大好物
2014年ドイツデジカメ 235.jpg
ここで頂いたザワークラウトが今回のドイツ旅の中で一番おいしかったぁ★


シュニッツェル(カツレツ)もとってもおいしかったぁぁ♪
2014年ドイツデジカメ 234.jpg

他のお料理もとてもおいしくて大満足です!
2014年ドイツデジカメ 236.jpg


そしてこの日のメインは地元のフランケンワイン
IMG_287858760248193.jpeg
5種類のフランケンワインを1セットで頂けるのです。
白ワインと赤ワインそれぞれありましたよ。


M、弟、私の3人は利きワイン開始!

Mママに自分の飲んだ番号を指で合図

Mママはそれを手帳に記入して全員が飲み終わったところで正解発表

Mは2つ正解ぴかぴか(新しい)
弟は1つかわいい

そして私は・・・・0バッド(下向き矢印)
何を飲んでも同じってことですかぁ〜(^_^;)


お腹もいっぱいになって、またまた街をぶらぶら♪


夜のプレーンライン
2014年ドイツデジカメ 237.jpg


ホテルまで戻ると本館のバーからワイワイと楽しそうな声が聞こえてきたので
立ち寄ることに。


満席だったけれど、タイミングよく入れ替わりで1テーブル空いて・・・
ここでまたまた一杯
2014年携帯写真 1812.jpg

翌日はお昼頃まで街を散策できるので、朝はのんびりでOK!

2014年携帯写真 1813.jpg

ということで、我ら4人もまたまたビールやワインを飲みながら
ローテンブルグの楽しい夜はまだまだ続くのでしたぁるんるん

posted by kaho at 10:13| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球ぶらりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

秋のドイツ旅♪C

ドイツ4日目
ミュンヘン滞在3日目

ミュンヘンに3泊しましたが、ミュンヘン市街地を見る時間が今回はかなり少なかったのです。

遥か昔にミュンヘンに訪れた時に市街地のぶらぶら歩きは経験済み。
その時は”バイエルン州立歌劇場”で観劇もしたので、今回は朝晩の少し
空いた時間を見つけてホテル近く歩いてみました。

ホテルのあるミュンヘン中央駅から市街地マリエン広場まで歩いて約20分

カールス門をくぐりノイハウザー通りを歩いてマリエン広場まで。
2014年携帯写真 1546.jpg

途中、歴史的に興味深い建造物があります。

大きな丸天井が有名なミヒャエル教会
2014年携帯写真 1547.jpg

ミュンヘン最古の教会 ペーター教会
2014年ドイツデジカメ 179.jpg

中ではミサが行われていました。2014年ドイツデジカメ 178.jpg

ツインタワー修復中のフラウエン教会
2014年携帯写真 1552.jpg

2014年ドイツデジカメ 183.jpg  2014年ドイツデジカメ 189.jpg

残念ながら今回はアザム教会にはいけなかったので、それは次回のお楽しみ・・・


マリエン広場にある”新市庁舎”
2014年携帯写真 1549.jpg

からくり時計が有名
午前11時、午後12時、午後5時(サマータイム時のみ)10分くらい色々な場面を展開します。
2014年携帯写真 1550.jpg

この時はまだ朝8時頃だったので、観光客の姿はほとんどなく通勤の人々が歩いているくらいでした。



朝の散歩はこれくらいにして・・・
この日はお隣の国オーストリアのザルツブルグへDay Tripです。


前夜から合流したMとMママと4人で。
ザルツブルグはMママが<ぜひ一度訪れてみたい街>のひとつ
ミュンヘンから日帰りで楽しめるということで今回の日程に組み込みました。


ミュンヘンから日帰りバスツアーもありますが、
今回は”バイエルンチケット”を利用した鉄道の旅です。


この”バイエルンチケット”はすぐれもの!!
バイエルン地方だけで利用できる周遊キップ。
ICやICEなどの特急は利用できません。

なんといっても料金が安い!
利用人数が増えるほど一人あたりの料金が安くなります。
4人では往復35ユーロ。8.75ユーロ/一人


駅構内の自動券売機で当日購入することができます。


券売機の種類によって、発券されるチケットの様式が少し違います。
・日付が打刻されていれば、そのまま乗車OK
・日付が打刻されていないものは、乗車前に刻印機で打刻してから乗車します。

さらに利用者の名前を署名するところがあるのでサインします。

乗車中に検札があるので、打刻が必要なものが必ず打刻しないと、不正乗車とみなされて
高額の罰金があるそうです。


ザルツブルグまでは約2時間。
2014年携帯写真 1554.jpg
平日はバイエルンチケットが午前9時からのみ利用可能なので、9時台の列車に乗り込み
11時半過ぎにはザルツブルグに到着。
2014年携帯写真 1555.jpg

歴史ある街なので駅舎もそんな感じ・・・と思っていたら、かなり近代的な駅でした。
2014年携帯写真 1557.jpg


駅の<i>観光インフォメーションで街の地図をもらって、さっそく街へ


観光エリアはそんなに広くないので、徒歩で大抵のところは行けます。



ザルツブルグと言えば、映画<サウンド・オブ・ミュージック>の舞台になった街。

まずは、その映画でたくさん登場シーンがある「ミラベル庭園」へ。

庭園内にはミラベル宮殿があります。
もちろん中を見学することができます。
2014年携帯写真 1569.jpg

ドレミの歌で登場したペガサス像
2014年携帯写真 1561.jpg

子供たちがこのトンネルを駆け抜けるシーンがあります。
2014年携帯写真 1562.jpg


奥に見えるのがホーエンザルツブルグ城
2014年携帯写真 1558.jpg

太陽の日差しを浴びながらのんびりおしゃべりできるようにあちらこちらにベンチがあります。
2014年携帯写真 1568.jpg

庭園を抜けると、まもなくザルツァッハ川に。


右岸が新市街地。
2014年携帯写真 1575.jpg

橋を渡った左岸が旧市街地
2014年携帯写真 1571.jpg

橋にはお決まりの南京錠が・・・
カップルが二人の名前を書いて南京錠を掛け、鍵を川に捨てると永遠に結ばれるという・・・話。
2014年携帯写真 1572.jpg






ザルツブルグの街が綺麗に見渡せるという崖の上にある「メンヒスベルク近代美術館」の展望台
「メンヒルベルクの丘」に行ってみました。

ミラベル庭園から歩いて10分程

岩壁に掘られたエレベーター乗り場には、丘の上にあるザルツブルク現代美術館の看板が大きく出ています。
美術館見学なしで展望台に行くためだけでもこのエレベーターを利用します。
2014年携帯写真 1577.jpg
エレベーターは有料ですが、ザルツブルクカードを持っている人は無料で利用できます。


今回は滞在時間が4時間程の旧市街地をぶらぶらという観光だったので、
私たちはザルツブルグカードは購入しませんでした。
このカードは市内のバスなどの交通費、主要な観光地の入場料などが無料になるので
使い方によってはかなりお得なカードです。



旧市街の中心「ホーエンザルツブルク城」からの眺めも素晴らしいと思うけれど
ザルツブルクの景観に欠かせないホーエンザルツブルク城が見えるという点では、
こちらの展望台の方が街を一望するには良いと思います。
ここから見ると、教会や大聖堂の尖塔がよく見えます。

2014年携帯写真 1578.jpg

この日は暖かく、青空がとても綺麗
空にはあちこちに”ひこうき雲”が交差していました。
2014年携帯写真 1581.jpg

メンヒスベルクの丘にはカフェもあって、ここでのランチも人気です!


こんな狭い道路をバスが通過します。
2014年携帯写真 1583.jpg

観光客を乗せた馬車もよく通ります。
2014年携帯写真 1586.jpg

ここからぶらぶら歩いて10分かからずに観光客でにぎわうゲトライデ通りに。
2014年携帯写真 1590.jpg

細い小道が入り組んでいて、横道にそれながらぶらぶらするのが楽しい。
2014年携帯写真 1601.jpg

小道や広場などあちこちにかわいいお店やテラスがあって、ランチをしたり、ビールやワインを
飲みながらおしゃべりしたり、のんびり楽しんでいる人たちがたくさん。

2014年携帯写真 1602.jpg  2014年携帯写真 1604.jpg


この通りに人気の観光スポット「モーツァルトの生家」があります。
記念撮影をする人でいっぱいです。
1階は<SPAR>です・・・
2014年携帯写真 1593.jpg

チョコレート屋さん
2014年携帯写真 1596.jpg

そして街歩きのもうひとつの楽しみ。
細かい細工が施された看板の数々
2014年携帯写真 1589.jpg

2014年携帯写真 1588.jpg

人が多いのにみんな看板を見上げて歩くので、あちこちで衝突しているのをみかけました(^_^;)


この日は平日は平日にもかかわらず、広場ではお祭りをやっているようで人が溢れていました。
2014年携帯写真 1597.jpg

2014年携帯写真 1599.jpg

ランチは広場のテラスで
このお祭りムード・・・ザルツブルグも”オクトーバーフェスト”でした!!
2014年携帯写真 1600.jpg

ミュンヘンのホーフブロイハウスビールのテラス(^_^;)
2014年携帯写真 1610.jpg
2014年携帯写真 1623.jpg

シュペッツレ 
小さなかたまりのの卵麺(パスタ)にオニオンフライがのって、さらにチーズがたっぷりかかっています。
2014年携帯写真 1619.jpg


ソーセージ盛り合わせ
2014年携帯写真 1622.jpg

半袖の人もいるくらい暖かったこの日。
歩いて喉も乾いていたので、ビールがめちゃおいしかったぁ!


子供たちがテント横の木枠レーンのボーリングを楽しんでいました。
2014年携帯写真 1618.jpg

パッサージュと言われる建物を通過できるトンネルを抜けて、細い通りをぶらぶら歩いてみました。



そして駅に向かう帰り道

ザルツァッハ川右岸にある有名ホテル ホテル・ザッハー
2014年携帯写真 1631.jpg

ホテルのカフェで本場<ザッハートルテ>を食べてみたかったけれど時間がなく断念。


でもホテル横にはお持ち帰り用を購入する売店があるのです。
2014年携帯写真 1633.jpg

当日が賞味期限のお持ち帰り用と賞味期限が1週間ほどのお土産用がありました。
2014年携帯写真 1632.jpg

思ったより日持ちがするのでお土産用を購入。

そして、帰りの列車で食べようとお持ち帰り用も4つ購入2014年携帯写真 1635.jpg

2014年携帯写真 1637.jpg

日本のチョコレートに慣れている我らには想像通り、かなりの甘さ!(^_^;)




夕方6時過ぎにはミュンヘン帰着

この日はミュンヘン最後の夜。


ということで、〆のオクトーバーフェストへ

2014年携帯写真 1643.jpg

2日前より会場内を歩いている人数も多く、
テント内の盛り上がりもさらにハイテンション


ただこの日はすでに夜7時過ぎ
どこのテントも入口に守衛さんが仁王立ち。


どこもいっぱいでなかなか飲む場所が見つからず、
入り込めるテントをいくつかのぞきながらウロウロ。
2014年携帯写真 1646.jpg

テント内は異常な盛り上がり
2014年携帯写真 1648.jpg

2014年携帯写真 1652.jpg

サバの塩焼きが有名なテント”FischerVroni”2014年携帯写真 1645.jpg
かなり大きなサバが串刺しになって、たくさん焼かれていました。
その場でサバにかじりついている人も結構いましたよ。
2014年携帯写真 1644.jpg

テント内の星空がかわいいテント”Hacker-Festzelt”
2014年携帯写真 1653.jpg

2014年携帯写真 1657.jpg

お馴染みの”Lowenbrau-Festhalle”
2014年携帯写真 1665.jpg



ザルツブルグで歩き疲れていたので、この日は落ち着いて飲みたかった4人。

ようやく一番奥のちょっと落ち着いた雰囲気のテント”Weinzelt"の外席を見つけました。

2014年携帯写真 1658.jpg

ここはビールだけでなく、ワインも飲めるテントです。

ビールはPaulanerのヴァイスビアが飲めます!
2014年携帯写真 1659.jpg

ここは外席でも荷物検査がありましたよ。
途中、トイレに行った弟が水を買い、ペットボトルを手に持って席に戻ろうとしたら
守衛さんに没収されてしまいました・・・


でもオーダーをとってくれたお兄さんがとってもよかった!!

そんなにお腹がすいていなかったのでソーセージはパス。
でも大好物ザワークラウトだけ食べたかったのです!
そしてお兄さんにお願いしたら「特別だよ」とザワークラウトだけ
小さな器に2つにわけて持ってきてくれました。
2014年携帯写真 1660.jpg
お兄さん、ありがとう!!

サラダ
2014年携帯写真 1664.jpg


お祭りでお酒を飲むとついつい飲みすぎてしまうもの。
会場内では喧嘩などもあって、警察が暴れる若者たち数人を
取り押さえているところにも遭遇。
どこの国も一緒だね。


今回、私たちはトラブルなく”オクトーバーフェスト”を楽しめたけれど、
酔っ払いに絡まれたり、犯罪に巻き込まれることもあるので、
楽しみながらもお酒に飲まれないようにしておかないと。
スリも多いので気をつけなくては!

ミュンヘン最後の夜。
おいしいビールをたんまり飲んで至福の時間を過ごし、

”オクトーバーフェスト”を楽しむという旅の最大の目的をみごとに達成です!!
posted by kaho at 16:52| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 地球ぶらりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

秋のドイツ旅♪B

9月23日(火)
ドイツ3日目
ミュンヘン滞在2日目


まずはホテルの朝食

もちろんこちらもハム・ソーセージ・チーズなどなどとにかく盛りだくさん
2014年携帯写真 1667.jpg
ドリンクコーナーには冷えた”シャンパン”も!
朝からゆったり、そしておいしく頂きました揺れるハート



この日は現地ツアーに参加
ロマンチック街道と言えば”ノイシュヴァンシュタイン城”

集合はミュンヘン中央駅なので徒歩30秒で行けちゃいます。
2014年携帯写真 1451.jpg  2014年携帯写真 1450.jpg

時間があったので、少し駅構内をぶらぶら。
2014年携帯写真 1453.jpg


オクトーバーフェスト期間で日本からの観光客も多く、ツアー参加者は35人ほどでした。
http://www.myushop.net/options/detail/339


ミュンヘンからお城があるホーエンシュバンガウまではバスで約2時間半。

アウトバーンを降りた後の車窓からみる景色・・・

あれ・・?なんだか知らない土地にいるという感じがない。

「北海道と似てるぅぅぅ」

美瑛・富良野あたりをバスで走っているようです(^_^;)

幾重にも緑の丘がつながり、とうもろこし畑が広がる田園風景
2014年携帯写真 1697.jpg

ただこのとうもろこしは食用ではないそうです。
飼料やエコ燃料になるもので、食べてもまったくおいしくないらしい。


2014年携帯写真 1454.jpg

遠くにアルプス山脈がみえ、白いお城が見えてきました。
2014年ドイツデジカメ 153.jpg


ノイシュヴァンシュタイン城

19世紀にバイエルン王”ルードヴィッヒ2世”が”白鳥”を模して建てた白亜のお城。
ロスにあるディズニーランド”眠れる森の美女城”のモデルと言われています。
2014年携帯写真 1467.jpg


ドイツの数ある観光地のなかで訪れる観光客の数が1、2を争う有名観光地なので
大型バスや車が次々に麓の小さな街ホーエンシュヴァンガウにやってきます。
2014年ドイツデジカメ 152.jpg


ここでバスを降り、山の中腹にそびえるお城へは<徒歩><馬車><バス>のいずれかで。
2014年携帯写真 1459.jpg

私たちは徒歩で、20分くらいでお城に到着。
2014年携帯写真 1458.jpg
途中、馬車の馬くんたちの落としたお土産の匂いを嗅ぎながらでしたけどね。

バスは城のさらに上にある橋の近くに到着するので違う道を通ります。
2014年携帯写真 1479.jpg


徒歩で登った私たちはお城の横を抜けてさらに15分弱ほどで絶景ポイントへ。

2014年携帯写真 1472.jpg
途中、シュヴァンガウの街やアルプ湖を見渡せます。


マリエン橋
吊り橋が落ちないか心配になるくらい人であふれています。
2014年ドイツデジカメ 149.jpg


この日のホーエンシュヴァンガウは日中でも気温12度くらい。
寒かったけれど、クリアな青空と真っ白なお城のコントラストがとてもきれいでした!!

2014年携帯写真 1481.jpg

2014年携帯写真 1487.jpg


お城の後ろ姿
2014年携帯写真 1495.jpg

眼下に広がるかわいい村や湖、そして田園風景すべてが絵画をみているようでした。
2014年携帯写真 1464.jpg


そしてお城の中はどうなっているのかワクワク!


今回私たちはツアーだったので、ツアーガイドさんが指定した時間に入口に集合して
全員一緒に中に入りました。
2014年ドイツデジカメ 133.jpg

2014年ドイツデジカメ 135.jpg

入場システムも「さすが人気観光地」というだけあってシステマティックです。
入口前にモニターがあって、自分たちの指定時間になり<GO>の合図が出ると
一人ずつバーコードのついたチケットを機械に通してゲートを抜けます。
2014年ドイツデジカメ 141.jpg

時間に遅れたら入場できません!
厳しいけれど、1日何千人もの観光客であふれるところなので仕方ないのでしょうねェ。
10分間隔で1回に30〜40人程度中に入れるのですが、いったい何組が入場するのか・・・。


個人旅行の場合は麓のチケット売り場で入場券を購入、入場時間がこの段階で決まります。
これが大変な行列です。
HPで事前予約もできるようなので、ここは予約必須!


残念ながらお城の中は写真撮影禁止です。
日本語ガイドのイヤホンを付けて、説明を聞きながら廻るのでとてもわかりやすくなっています。

19世紀完成のお城なので、階段の手すりや窓枠などいろいろなところが案外新しい感じで
びっくりしました。

すでにこの時代セメントがあったということで、人工的な洞窟があります。
台所だったところなどにあるお鍋などいまでも十分に使えるようなものばかり。

この城に深い思い入れがあったというルードヴィッヒ2世はわずか172日間しか過ごせなかったようです。
自分がいなくなった後、この城に誰も入れるなと言い残したらしいのですが、
その城が世界を代表する観光地になるとは彼は思ってもみなかったでしょうねぇあせあせ(飛び散る汗)


シュヴァンガウは「白鳥の里」という意味で、ワーグナーのオペラ「ローエングリーン」で知られています。
麓の小さな街の丘のうえに立つホーエンシュヴァンガウ城”はルードヴィッヒ2世の父マクシミリアン2世の城。
2014年携帯写真 1457.jpg
とてもきれいなクリーム色。


そしてそこからバスで10分ほどのところにあるフュッセンでフリータイム1時間40分ほど。
ランチを食べたり、街を散歩したり。
フュッセンはロマンチック街道の終着点と言われるとてもかわいい街。

2014年携帯写真 1502.jpg


メインストリートのライヒェン通りは、人々が集まっています。
2014年携帯写真 1501.jpg

お天気がよかったので、日差しがあるテラスでお茶を飲みながらおしゃべりする人がたくさん。

街を少し歩いてみました。

精霊シュピタール教会
2014年ドイツデジカメ 158.jpg

2014年ドイツデジカメ 160.jpg

2014年ドイツデジカメ 162.jpg

イタリアと国境を接していることもあって、イタリアンレストランが目につきました

2014年携帯写真 1504.jpg

喉が渇いていたのでまずはビール
南ドイツで一番ポピュラーなヴァイスビア(ヴァイツェン)
小麦を使っていて白く濁った色が特徴です。
フルーティでとても飲みやすく、グビグビ喉を通っていきます。


前菜の盛り合わせ
2014年携帯写真 1507.jpg

サラダ
2014年携帯写真 1506.jpg

ポルチーニのクリームパスタ
2014年携帯写真 1508.jpg

ワインも少々頂いて・・・
あっという間にフリータイムが終わりです。


次の目的地へ

バスで30〜40分くらい揺られ、牧歌的な景色が続く道をいくと
小さな村の教会に着きました。

2014年ドイツデジカメ 163.jpg
ヴィースの巡礼教会
2014年ドイツデジカメ 164.jpg

年間100万人以上のが訪れる世界遺産

教会内のロココ調装飾がほんとうにすばらしい!!
2014年携帯写真 1520.jpg

涙を流したという奇跡のキリスト像
2014年携帯写真 1522.jpg

色あざやかな宗教画の数々
息をのんで天井を見上げてしまいました。
2014年携帯写真 1517.jpg

2014年携帯写真 1523.jpg

天国の門
2014年携帯写真 1518.jpg

虹に座っているのが復活したイエス・キリスト
2014年携帯写真 1525.jpg

ツアーはミュンヘン中央駅で午後7時半前に解散


そして、このあとに今日のメインイベント


ブンデスリーガ
バイエルンミュンヘンの試合観戦

でも日本で手配するチケットはとても高い・・・
現地の当日券はアテにならない・・・

チケットはネットで見つけたサイトで購入しましたわーい(嬉しい顔)
http://www.ticketbureau.com/jp/
会社はスペインにあるようです。
メールや電話など日本語で対応可能とは書いてあったものの、さすがにちょっと不安も。

結果的にはまったく問題なくチケットを入手することができました。

途中、チケット送付先をミュンヘンのホテルに変更してもらいたいと
メールで連絡をしましたが、すぐに対応して頂けたので助かりました。

UPSでホテルに宿泊日2日前に届いていましたよるんるん
2014年携帯写真 1364.jpg

試合は午後8時から。
時間がなかったので、タクシーでバイエルンミュンヘンのホームスタジアム
<アリアンツ・アレーナ>に向かいました。

2014年携帯写真 1527.jpg

そして、1日遅れでデュッセルドルフから来たMとMママとスタジアムで合流。
本当はもっと早い時間に到着するはずだったふたりダッシュ(走り出すさま)
ちょっとしたアクシデントがあって・・・夜の到着になった二人。
荷物をゲートで預かってもらい、8時少し過ぎにはスタンドへ。

3階席 
しかも対戦相手:SCパーダーボルン07の応援席
2014年携帯写真 1529.jpg
バイエルン・ミュンヘンのマフラーを首にかけて入場しようとしたら、
入口の警備員さんが「危険だからマフラーは見えないように隠しなさい」って忠告してくれました(^_^;)

2014年携帯写真 1532.jpg

シーズンが始まってまだ1ヶ月くらいでしたが、この時点の首位争いのゲーム。
今シーズン1部にあがったばかりのパーダーボルン
3階席から観戦していると、ミュンヘンはロッベンにボールが集まっているのが
よくわかりました。
終始バイエルン・ミュンヘンが支配し、圧倒した試合でした。
4-0でミュンヘンの勝利
ゲッツェ2得点、レヴァンドフスキー1得点、そしてミューラー1得点

サポーターの盛り上がりも最高潮
私たちのテンションもグッド(上向き矢印)



弟は息子へのお土産にユニフォームを購入
2014年携帯写真 1543.jpg

ちなみにアリアンツ・アレーナでは売店では現金で買い物ができません。
<アリアンツカード>というカードにチャージする必要があります。
2014年ドイツデジカメ 175.jpg
私たちは入場してすぐにこのカードを購入していたので、
ハーフタイムの短い時間にビールやソーセージを買えましたが
このシステムを知らずに買い物ができない人たちが結構いました。
もちろんチャージして使わなかった分は現金で返してくれます。

Mたちの荷物もあったので、帰りもタクシーでホテルまで。
30ユーロくらいでした。
日本人のプレーヤーが多いブンデスリーガ
ドライバーに知っている選手を聞いてみたら
「Shinji Kagawa」即答でした。


ホテルに戻ったら、午後11時すぎ。
2014年携帯写真 1542.jpg

そこに行かなければ見たり聞いたりできないものを自分の目でしっかり見聞きする!
そこでしか経験できないものを体験する!
それがまさに旅ですよねぇ♪

めちゃくちゃ充実した1日でしたぴかぴか(新しい)















posted by kaho at 23:08| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球ぶらりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

秋のドイツ旅♪A

9月22日(月)

さすがに時差ボケで朝早く目が覚めちゃいます。

朝食
ハム・ソーセージ・チーズ・たまごなどなど勢ぞろい
2014年携帯写真 1366.png

2階のサンルームが朝食用のレストラン
2014年携帯写真 1347.jpg

Yくん家族が住む街 KAISERSWERTH
こんな歴史がある街なんですね〜
とってもかわいくて素敵な雰囲気の街だったので帰ってきてから調べました。
http://www.rheinbruecke.de/Duessel3.htm


このホテルには4日後また帰ってくるので
大きな荷物はホテルに預けて、ミュンヘンに向けていざ出発!

ミュンヘンへは往路は飛行機  復路は電車の旅です。

ドイツのLCC エアベルリン
これは3〜4ヶ月前に予約してあったので料金は12,000円くらいだったかな・・・
ミュンヘンまでは約1時間です。
2014年携帯写真 1353.jpg

機内には「あなたたち、まちがいなくオクトーバーフェストに行くでしょ!」
ってわかる民族衣装を着ている人たちもちらほら。

ミュンヘン空港からはSバーンで中央駅まで。 約40分ほど
電車の乗り方もある程度事前勉強していたので、チケットの購入もスムーズにいきました。

ミュンヘンではこちらのホテルに3泊
エデン・ホテル・ヴォルフ
中央駅の向かい側 徒歩30秒
2014年ドイツデジカメ 089.jpg

2014年携帯写真 1358.jpg

2014年携帯写真 1359.jpg  2014年携帯写真 1363.jpg

この時期のミュンヘンのホテルは当然ですけど1年で一番高いのです。
もちろんこの時期でも不便な場所などでお安いところもあるけれど、
今回はあちこちアクティブに動く予定だったので、滞在中の利便性
を優先しました。
実際滞在中、このホテルにして本当によかったと大満足でした。

この日は私と弟と二人だけでミュンヘンに入り、
翌日Mとお母さんが合流することになっていたので、
まずは姉弟でオクトーバフェスト会場にまっしぐら。

街中には民族衣装を来て「急げ急げ!」と会場に向かっている人たちがたくさんいました。
2014年ドイツデジカメ 094.jpg


午後4時頃、入口ゲートに到着
中央駅から早足で歩いて15分程です。

ついに来ました!
オクトーバーフェスト
2014年携帯写真 1367.jpg


2014年ドイツデジカメ 098.jpg

会場内にはミュンヘンを代表するいくつものブリュワリーが
6,000〜7,000人収容の大きなテントを建てています。
2014年携帯写真 1369.jpg  2014年ドイツデジカメ 103.jpg

2014年ドイツデジカメ 099.jpg  2014年ドイツデジカメ 097.jpg

テントといってもこんなかわいいものばかり 
大きなテント14  小さなものも合わせると20以上のテントがあります。

2014年携帯写真 1383.jpg  2014年携帯写真 1391.jpg

2014年携帯写真 1402.jpg  2014年ドイツデジカメ 113.jpg

2014年ドイツデジカメ 117.jpg  2014年ドイツデジカメ 118.jpg


このお祭りのために作り上げたビール
”Wiesn Bier”ヴィスンビール(アルコール度数6〜7%)を”Mass”マスと言われる
1リットルジョッキでひたすら飲み続けるのですわーい(嬉しい顔)手(チョキ)


そして、テントの中はこんな感じひらめき
平日の夕方にもかかわらず、この盛り上がりるんるん

最初のテント 誰もが知っている”ホーフブロイハウス”
2014年携帯写真 1371.jpg

2階から見たテント内 どれだけの人がビール飲みまくり???(笑)
2014年携帯写真 1379.jpg

実はこのテント内に入るのは大変なことなのです。
予約なしで席を確保するためには午前中にいくしかありません。
事前に現地の人から「予約なしに夜テント内に入るのは無理!」と聞いていたけれど
そのとおりでした。
午後6時頃になると各テントの入口にコワモテの守衛さんが立って、予約していると
言わないと中に入れてくれません。

なので、テント内で飲むのはこの日が最初で最後のチャンスだったのです。
でもたとえ中に入れても、席がないと民族衣装をきたビール運びのかわいいお姉さんたちは
ビールを持ってきてはくれません。


そこで、なにがなんでもテント内で盛り上がりたい我ら姉弟は考えた・・・・(笑)

ふつう席がない人はこんなふうにテントの外にある席で飲むのです。
2014年携帯写真 1372.jpg


我ら姉弟は外席でビールをオーダーして、そのマスジョッキをもって
守衛さんの前を堂々と通り抜ける作戦ですひらめき

大成功!!

2014年携帯写真 1374.jpg 

そして”立飲み席”に勝手に入り込み、見知らぬ酔っ払いくんたちと
”プロ〜スト”

 2014年携帯写真 1377.jpg

テントのなかにはステージがあって、ずっとバンドが演奏しています。
そしてたびたびこの曲の演奏がされると・・・テントいる全員が歌い始めます。

Ein Prosit, Ein Prosit, der Gemutlichkeit〜♪
”さあ乾杯だ 乾杯だ 皆が集まったこの時に!”

Ein Prosit, Ein Prosit, der Gemutlichkeit〜♪
”さあ乾杯だ 乾杯だ 皆が集まったこの時に!”

Eins! Zwei! Drei! G'suffa! PROST!!
1,2,3 飲み干せ! かんぱ〜い!!

我らもジョッキを掲げながら大きな声で歌っちゃいましたるんるん
IMG_14721122438268.jpeg IMG_14733219126807.jpeg



いろんなテントを巡ってみましたビール
2014年携帯写真 1386.jpg

2014年携帯写真 1390.jpg

さっきと同じ作戦成功!!
2014年携帯写真 1394.jpg


またまた別のテント
2014年携帯写真 1416.jpg

2014年携帯写真 1413.jpg

2014年携帯写真 1421.jpg

ハイテンション!
2014年携帯写真 1422.jpg

この日は寒くて雨が降ったりやんだりという空模様だったけれど、
テントをめぐっているうちに青空になってきました。

日暮れは7時過ぎ

会場内にはおつまみや食べ物の屋台が立ち並んでいます。
2014年携帯写真 1423.jpg  2014年携帯写真 1424.jpg

2014年携帯写真 1428.jpg

この”焼きアーモンド”とっても美味しかったァ揺れるハート
2014年携帯写真 1382.jpg  2014年携帯写真 1429.jpg

会場内にはジェットコースターなどアトラクションがたくさんあります。
2014年携帯写真 1432.jpg

2014年携帯写真 1440.jpg

しかし・・・
あれだけ飲んで、酔っ払った人たちがあの遠心力のかかるアトラクションに
乗るって・・・
大丈夫なのかぁぁぁぁふらふら
2014年携帯写真 1444.jpg

さすがにこの日は酔っ払いの宵宵状態

ホテルまでぶらぶら歩いて、あっという間に寝てしまいました眠い(睡眠)

でもそのおかげで時差ボケが結構なくなったかも

念願のオクトーバーフェスト
初日からたっぷり楽しみました


























posted by kaho at 15:15| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 地球ぶらりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。