2014年11月30日

秋のドイツ旅♪D

ドイツ5日目
ミュンヘン⇒ローテンブルグ泊



ミュンヘンを出発する日。
前日朝にすこしぶらっとしただけのミュンヘン観光だったので
予定を変更して午前中はミュンヘンを散策。

バイエルン王家の居城 レジデンツ
2014年携帯写真 1683.jpg

その右側に堂々と建つバイエルン州立歌劇場
2014年携帯写真 1680.jpg

マリエン広場周辺はブランド店などが並ぶショッピングエリア

まずは高級デリカテッセン<ダルマイヤー>に行ってみました。
http://www.dallmayr-jp.com/
カフェもあります。
2014年携帯写真 1684.jpg
店内はおいしそうなハム、ソーセージ、チーズが美しくケースに並んでいます。
焼きたてパンのいい匂いが店内に漂って・・・雰囲気はたっぷり味わいました♪
お茶はオクトーバーフェスト期間限定のパッケージだったのでお土産に。
そしてやっぱりコーヒーは外せません。


実は前日このあたりを散歩したときに、ある靴屋さんのウィンドウに釘付けになっちゃったのです。

飾ってあったブーツに一目惚れ!
今回の旅の自分のお土産はこれ!!
20141119_222712.jpg

ただ履いてみなことにはねぇ・・・ということで、お店がオープンする10時を待って入店。

20141119_222946.jpg

色・シンプルなデザイン、踵の高さが私の好みにピッタリ!
そしてなんといっても靴底が雪の降る札幌でそのまま履ける状態

本当に欲しいモノを見つけられてめちゃくちゃうれしかった〜ぴかぴか(新しい)

なんとMママも気に入っちゃって、同じ素材のショートブーツを購入。
二人とも大満足黒ハート



お昼頃の電車でローテンブルグに移動するのでミュンヘン中央駅で軽いランチ

2014年携帯写真 1688.jpg

この写真を見たとたん、メチャ食べたくなりましたるんるん

ベトナム・フォーをたべました。
2014年携帯写真 1689.jpg
美味しかったァ!!
やっぱりこういうスープ麺を欲するのよねぇひらめき



これから3時間半程の電車旅
ザルツブルグ行きと同じように<バイエルンチケット>を利用して4人で35ユーロ 
激安ですexclamation

この券売機は日本語も対応してました!
2014年携帯写真 1670.jpg

電車乗り継ぎはドイツ鉄道のホームページで調べられます。
ドイツ語はわからないけど、英語ならなんとか・・・

途中乗り換え時間が5分、7分などわずかしかない乗り換えが3回
荷物有りの移動なので、テキパキ動かないと!

2014年携帯写真 1690.jpg

そして旅のお伴はやっぱりコレ
2014年携帯写真 1691.jpg

車窓からはなだらかな丘が続き、かわいい家が点在する
まさにロマンチック街道という景色が続きます。
2014年携帯写真 1697.jpg

日本の鉄道のように時間どうりに運行するのかかなり不安だったけれど
どの電車も遅れなくほぼタイムスケジュール通り、順調にローテンブルグに到着電車

2014年携帯写真 1899.jpg

駅から街の中心までは歩いても15分くらいだけど
荷物もあるので、駅前からタクシーでホテルへ

後から聞いた話ではローテンブルグには5台ほどしかタクシーがないようです。
この時は運良く電車を降りたところがタクシー乗り場に近かったので一番に乗れました。

レーダー門をくぐって、旧市街地にはいると、おとぎの国に
迷い込んだようなかわいい街並みが続きます。
2014年携帯写真 1713.jpg


ホテルは街の中心 マルクト広場のすぐ近く
ライヒキュッヘンマイスター
「帝国料理長」と意味で、レストランの食事がおいしいと評判らしい・・・
2014年携帯写真 1705.jpg

2014年携帯写真 1718.jpg

 
本館は歴史を感じます。
宿泊部屋のほかレストラン、テラス、バーなどがあります。

2014年携帯写真 1888.jpg

2014年携帯写真 1889.jpg

2014年携帯写真 1729.jpg

2014年携帯写真 1720.jpg


私たちが宿泊したのは新館はそこからすぐのところにありました。
2014年携帯写真 1715.jpg

本館はメルヘンチックなお部屋だったのかなぁ・・・と思うけど、
新館はとてもシンプルな造りでした。
2014年携帯写真 1706.jpg  2014年携帯写真 1710.jpg  2014年携帯写真 1707.jpg

荷物を置いて、早速、街を散歩わーい(嬉しい顔)

午後3時過ぎだったけれど、本当に小さな街なのでガイドブックを見ながら
あちこち写真を撮りながら歩いて、2時間ほどでだいたいのところは
廻ることができました。
2014年携帯写真 1850.jpg

まずは街の中心 マルクト広場
2014年ドイツデジカメ 212.jpg

2014年携帯写真 1725.jpg

市庁舎
2014年携帯写真 1723.jpg

そしてローテンブルクのシンボル 仕掛け時計がある市議宴会館
2014年携帯写真 1724.jpg

上が日時計、下が通常の時計
そしてそれを挟んだ左右の窓に中世の歴史物語「マイスタートルンク」の仕掛け
があります。

2014年携帯写真 1726.jpg

ホテルのすぐ裏の聖ヤコブ教会
2014年携帯写真 1733.jpg

教会の横にこんなオブジェ
2014年携帯写真 1732.jpg


2014年携帯写真 1734.jpg

2014年携帯写真 1736.jpg

中に入ってみるとパイプオルガンの重厚な音が鳴り響いていました。
演奏している2階に上がってみました。

2014年携帯写真 1739.jpg

奏者の後ろには有名な”聖血の祭壇”
リーメンシュナイダー作「最後の晩餐」の彫刻

2014年携帯写真 1741.jpg



とにかく目に入る建物すべてがかわいらしいハートたち(複数ハート)

2014年携帯写真 1742.jpg

2014年携帯写真 1797.jpg


2014年携帯写真 1744.jpg

2014年携帯写真 1745.jpg
街の西端にあるブルグ門をくぐるとお城跡があるブルグ公園


2014年携帯写真 1746.jpg

2014年携帯写真 1747.jpg

ここからタウバー渓谷が良く見えます!
2014年携帯写真 1748.jpg

ローテンブルグの正式な名前は<ローテンブルク・オプ・デア・タウバー>
タウバー川の上方のローテンブルグ・・という意味

二重橋のドッペル橋
2014年携帯写真 1753.jpg

公園から南へ向かいます。
2014年携帯写真 1757.jpg

2014年携帯写真 1754.jpg

2014年ドイツデジカメ 220.jpg

途中、中世犯罪博物館を発見!
興味はあったけどここはパスあせあせ(飛び散る汗)
2014年携帯写真 1758.jpg

そしてやってきました!
よく写真でみかけるプレーンラインという町並み

2014年携帯写真 1764.jpg

そのまままっすぐメインストリートを南に向かいます。
2014年携帯写真 1795.jpg

街の南端にあるシュピタール門に到着
2014年携帯写真 1766.jpg

門の横にある階段で上に上がると、城壁の廻ることができます。
2014年携帯写真 1767.jpg

中世の時代に街を守るために造られた城壁
この城壁は今でもぐるっと街を取り囲んでいます。

2014年携帯写真 1768.jpg


帰り道は裏道を
この頃になったら、きれいな青空が出てきました晴れ

ユースホステル
2014年携帯写真 1771.jpg

なんだかたくさん目があるみたいで・・・キモいふらふら

2014年携帯写真 1772.jpg

2014年携帯写真 1774.jpg
城壁に登る階段があったので登ってみると、これまた素敵な景色
2014年携帯写真 1784.jpg

2014年携帯写真 1777.jpg

この辺りはフランケンワインの有名な産地
斜面にはブドウ畑が広がっています。
2014年携帯写真 1780.jpg

途中メインストリートに戻り、ウィンドをのぞきながらマルクト広場へ
2014年ドイツデジカメ 208.jpg

2014年ドイツデジカメ 211.jpg

シュタイフ社のテディランド
2014年ドイツデジカメ 219.jpg

2014年携帯写真 1798.jpg

広場に戻ると、たまたま夜7時頃近くにいたので仕掛けを見ることができました。
10時〜22時、毎時ジャストに動き出します。
2014年ドイツデジカメ 222.jpg

中世の30年戦争で街が敵の手に陥落したとき、敵方のティリー将軍が
「特大ジョッキのフランケンワインを一気に飲み干したら街を焼かない」と
言い出し、ヌッシュ市長が見事に飲み干し、街を救ったというお話。
毎年5月〜6月の聖霊降臨祭にこのお祭りが開催されるそうです。

右:ヌッシュ市長
2014年ドイツデジカメ 224.jpg

左:ティリー将軍
2014年ドイツデジカメ 226.jpg


  
明日の晴天が期待できそうな夕暮れ
2014年ドイツデジカメ 229.jpg


夕食は街歩きをしながら何軒か良さげなところをチェック

フランケンワインが飲めるということでガイドブックにも載っていた”グロッケ”
2014年携帯写真 1789.jpg


店内はとても落ち着いた雰囲気
2014年ドイツデジカメ 231.jpg
ガイドブックに載っているので私たちを含めて日本人グループ、カップルが3組ほど。

まずはフランケンワインの泡
2014年ドイツデジカメ 233.jpg


ドイツと言えばソーセージ
そしてその付け合せと言えば・・・ザワークラウト
これが私の大好物
2014年ドイツデジカメ 235.jpg
ここで頂いたザワークラウトが今回のドイツ旅の中で一番おいしかったぁ★


シュニッツェル(カツレツ)もとってもおいしかったぁぁ♪
2014年ドイツデジカメ 234.jpg

他のお料理もとてもおいしくて大満足です!
2014年ドイツデジカメ 236.jpg


そしてこの日のメインは地元のフランケンワイン
IMG_287858760248193.jpeg
5種類のフランケンワインを1セットで頂けるのです。
白ワインと赤ワインそれぞれありましたよ。


M、弟、私の3人は利きワイン開始!

Mママに自分の飲んだ番号を指で合図

Mママはそれを手帳に記入して全員が飲み終わったところで正解発表

Mは2つ正解ぴかぴか(新しい)
弟は1つかわいい

そして私は・・・・0バッド(下向き矢印)
何を飲んでも同じってことですかぁ〜(^_^;)


お腹もいっぱいになって、またまた街をぶらぶら♪


夜のプレーンライン
2014年ドイツデジカメ 237.jpg


ホテルまで戻ると本館のバーからワイワイと楽しそうな声が聞こえてきたので
立ち寄ることに。


満席だったけれど、タイミングよく入れ替わりで1テーブル空いて・・・
ここでまたまた一杯
2014年携帯写真 1812.jpg

翌日はお昼頃まで街を散策できるので、朝はのんびりでOK!

2014年携帯写真 1813.jpg

ということで、我ら4人もまたまたビールやワインを飲みながら
ローテンブルグの楽しい夜はまだまだ続くのでしたぁるんるん

posted by kaho at 10:13| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球ぶらりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

秋のドイツ旅♪C

ドイツ4日目
ミュンヘン滞在3日目

ミュンヘンに3泊しましたが、ミュンヘン市街地を見る時間が今回はかなり少なかったのです。

遥か昔にミュンヘンに訪れた時に市街地のぶらぶら歩きは経験済み。
その時は”バイエルン州立歌劇場”で観劇もしたので、今回は朝晩の少し
空いた時間を見つけてホテル近く歩いてみました。

ホテルのあるミュンヘン中央駅から市街地マリエン広場まで歩いて約20分

カールス門をくぐりノイハウザー通りを歩いてマリエン広場まで。
2014年携帯写真 1546.jpg

途中、歴史的に興味深い建造物があります。

大きな丸天井が有名なミヒャエル教会
2014年携帯写真 1547.jpg

ミュンヘン最古の教会 ペーター教会
2014年ドイツデジカメ 179.jpg

中ではミサが行われていました。2014年ドイツデジカメ 178.jpg

ツインタワー修復中のフラウエン教会
2014年携帯写真 1552.jpg

2014年ドイツデジカメ 183.jpg  2014年ドイツデジカメ 189.jpg

残念ながら今回はアザム教会にはいけなかったので、それは次回のお楽しみ・・・


マリエン広場にある”新市庁舎”
2014年携帯写真 1549.jpg

からくり時計が有名
午前11時、午後12時、午後5時(サマータイム時のみ)10分くらい色々な場面を展開します。
2014年携帯写真 1550.jpg

この時はまだ朝8時頃だったので、観光客の姿はほとんどなく通勤の人々が歩いているくらいでした。



朝の散歩はこれくらいにして・・・
この日はお隣の国オーストリアのザルツブルグへDay Tripです。


前夜から合流したMとMママと4人で。
ザルツブルグはMママが<ぜひ一度訪れてみたい街>のひとつ
ミュンヘンから日帰りで楽しめるということで今回の日程に組み込みました。


ミュンヘンから日帰りバスツアーもありますが、
今回は”バイエルンチケット”を利用した鉄道の旅です。


この”バイエルンチケット”はすぐれもの!!
バイエルン地方だけで利用できる周遊キップ。
ICやICEなどの特急は利用できません。

なんといっても料金が安い!
利用人数が増えるほど一人あたりの料金が安くなります。
4人では往復35ユーロ。8.75ユーロ/一人


駅構内の自動券売機で当日購入することができます。


券売機の種類によって、発券されるチケットの様式が少し違います。
・日付が打刻されていれば、そのまま乗車OK
・日付が打刻されていないものは、乗車前に刻印機で打刻してから乗車します。

さらに利用者の名前を署名するところがあるのでサインします。

乗車中に検札があるので、打刻が必要なものが必ず打刻しないと、不正乗車とみなされて
高額の罰金があるそうです。


ザルツブルグまでは約2時間。
2014年携帯写真 1554.jpg
平日はバイエルンチケットが午前9時からのみ利用可能なので、9時台の列車に乗り込み
11時半過ぎにはザルツブルグに到着。
2014年携帯写真 1555.jpg

歴史ある街なので駅舎もそんな感じ・・・と思っていたら、かなり近代的な駅でした。
2014年携帯写真 1557.jpg


駅の<i>観光インフォメーションで街の地図をもらって、さっそく街へ


観光エリアはそんなに広くないので、徒歩で大抵のところは行けます。



ザルツブルグと言えば、映画<サウンド・オブ・ミュージック>の舞台になった街。

まずは、その映画でたくさん登場シーンがある「ミラベル庭園」へ。

庭園内にはミラベル宮殿があります。
もちろん中を見学することができます。
2014年携帯写真 1569.jpg

ドレミの歌で登場したペガサス像
2014年携帯写真 1561.jpg

子供たちがこのトンネルを駆け抜けるシーンがあります。
2014年携帯写真 1562.jpg


奥に見えるのがホーエンザルツブルグ城
2014年携帯写真 1558.jpg

太陽の日差しを浴びながらのんびりおしゃべりできるようにあちらこちらにベンチがあります。
2014年携帯写真 1568.jpg

庭園を抜けると、まもなくザルツァッハ川に。


右岸が新市街地。
2014年携帯写真 1575.jpg

橋を渡った左岸が旧市街地
2014年携帯写真 1571.jpg

橋にはお決まりの南京錠が・・・
カップルが二人の名前を書いて南京錠を掛け、鍵を川に捨てると永遠に結ばれるという・・・話。
2014年携帯写真 1572.jpg






ザルツブルグの街が綺麗に見渡せるという崖の上にある「メンヒスベルク近代美術館」の展望台
「メンヒルベルクの丘」に行ってみました。

ミラベル庭園から歩いて10分程

岩壁に掘られたエレベーター乗り場には、丘の上にあるザルツブルク現代美術館の看板が大きく出ています。
美術館見学なしで展望台に行くためだけでもこのエレベーターを利用します。
2014年携帯写真 1577.jpg
エレベーターは有料ですが、ザルツブルクカードを持っている人は無料で利用できます。


今回は滞在時間が4時間程の旧市街地をぶらぶらという観光だったので、
私たちはザルツブルグカードは購入しませんでした。
このカードは市内のバスなどの交通費、主要な観光地の入場料などが無料になるので
使い方によってはかなりお得なカードです。



旧市街の中心「ホーエンザルツブルク城」からの眺めも素晴らしいと思うけれど
ザルツブルクの景観に欠かせないホーエンザルツブルク城が見えるという点では、
こちらの展望台の方が街を一望するには良いと思います。
ここから見ると、教会や大聖堂の尖塔がよく見えます。

2014年携帯写真 1578.jpg

この日は暖かく、青空がとても綺麗
空にはあちこちに”ひこうき雲”が交差していました。
2014年携帯写真 1581.jpg

メンヒスベルクの丘にはカフェもあって、ここでのランチも人気です!


こんな狭い道路をバスが通過します。
2014年携帯写真 1583.jpg

観光客を乗せた馬車もよく通ります。
2014年携帯写真 1586.jpg

ここからぶらぶら歩いて10分かからずに観光客でにぎわうゲトライデ通りに。
2014年携帯写真 1590.jpg

細い小道が入り組んでいて、横道にそれながらぶらぶらするのが楽しい。
2014年携帯写真 1601.jpg

小道や広場などあちこちにかわいいお店やテラスがあって、ランチをしたり、ビールやワインを
飲みながらおしゃべりしたり、のんびり楽しんでいる人たちがたくさん。

2014年携帯写真 1602.jpg  2014年携帯写真 1604.jpg


この通りに人気の観光スポット「モーツァルトの生家」があります。
記念撮影をする人でいっぱいです。
1階は<SPAR>です・・・
2014年携帯写真 1593.jpg

チョコレート屋さん
2014年携帯写真 1596.jpg

そして街歩きのもうひとつの楽しみ。
細かい細工が施された看板の数々
2014年携帯写真 1589.jpg

2014年携帯写真 1588.jpg

人が多いのにみんな看板を見上げて歩くので、あちこちで衝突しているのをみかけました(^_^;)


この日は平日は平日にもかかわらず、広場ではお祭りをやっているようで人が溢れていました。
2014年携帯写真 1597.jpg

2014年携帯写真 1599.jpg

ランチは広場のテラスで
このお祭りムード・・・ザルツブルグも”オクトーバーフェスト”でした!!
2014年携帯写真 1600.jpg

ミュンヘンのホーフブロイハウスビールのテラス(^_^;)
2014年携帯写真 1610.jpg
2014年携帯写真 1623.jpg

シュペッツレ 
小さなかたまりのの卵麺(パスタ)にオニオンフライがのって、さらにチーズがたっぷりかかっています。
2014年携帯写真 1619.jpg


ソーセージ盛り合わせ
2014年携帯写真 1622.jpg

半袖の人もいるくらい暖かったこの日。
歩いて喉も乾いていたので、ビールがめちゃおいしかったぁ!


子供たちがテント横の木枠レーンのボーリングを楽しんでいました。
2014年携帯写真 1618.jpg

パッサージュと言われる建物を通過できるトンネルを抜けて、細い通りをぶらぶら歩いてみました。



そして駅に向かう帰り道

ザルツァッハ川右岸にある有名ホテル ホテル・ザッハー
2014年携帯写真 1631.jpg

ホテルのカフェで本場<ザッハートルテ>を食べてみたかったけれど時間がなく断念。


でもホテル横にはお持ち帰り用を購入する売店があるのです。
2014年携帯写真 1633.jpg

当日が賞味期限のお持ち帰り用と賞味期限が1週間ほどのお土産用がありました。
2014年携帯写真 1632.jpg

思ったより日持ちがするのでお土産用を購入。

そして、帰りの列車で食べようとお持ち帰り用も4つ購入2014年携帯写真 1635.jpg

2014年携帯写真 1637.jpg

日本のチョコレートに慣れている我らには想像通り、かなりの甘さ!(^_^;)




夕方6時過ぎにはミュンヘン帰着

この日はミュンヘン最後の夜。


ということで、〆のオクトーバーフェストへ

2014年携帯写真 1643.jpg

2日前より会場内を歩いている人数も多く、
テント内の盛り上がりもさらにハイテンション


ただこの日はすでに夜7時過ぎ
どこのテントも入口に守衛さんが仁王立ち。


どこもいっぱいでなかなか飲む場所が見つからず、
入り込めるテントをいくつかのぞきながらウロウロ。
2014年携帯写真 1646.jpg

テント内は異常な盛り上がり
2014年携帯写真 1648.jpg

2014年携帯写真 1652.jpg

サバの塩焼きが有名なテント”FischerVroni”2014年携帯写真 1645.jpg
かなり大きなサバが串刺しになって、たくさん焼かれていました。
その場でサバにかじりついている人も結構いましたよ。
2014年携帯写真 1644.jpg

テント内の星空がかわいいテント”Hacker-Festzelt”
2014年携帯写真 1653.jpg

2014年携帯写真 1657.jpg

お馴染みの”Lowenbrau-Festhalle”
2014年携帯写真 1665.jpg



ザルツブルグで歩き疲れていたので、この日は落ち着いて飲みたかった4人。

ようやく一番奥のちょっと落ち着いた雰囲気のテント”Weinzelt"の外席を見つけました。

2014年携帯写真 1658.jpg

ここはビールだけでなく、ワインも飲めるテントです。

ビールはPaulanerのヴァイスビアが飲めます!
2014年携帯写真 1659.jpg

ここは外席でも荷物検査がありましたよ。
途中、トイレに行った弟が水を買い、ペットボトルを手に持って席に戻ろうとしたら
守衛さんに没収されてしまいました・・・


でもオーダーをとってくれたお兄さんがとってもよかった!!

そんなにお腹がすいていなかったのでソーセージはパス。
でも大好物ザワークラウトだけ食べたかったのです!
そしてお兄さんにお願いしたら「特別だよ」とザワークラウトだけ
小さな器に2つにわけて持ってきてくれました。
2014年携帯写真 1660.jpg
お兄さん、ありがとう!!

サラダ
2014年携帯写真 1664.jpg


お祭りでお酒を飲むとついつい飲みすぎてしまうもの。
会場内では喧嘩などもあって、警察が暴れる若者たち数人を
取り押さえているところにも遭遇。
どこの国も一緒だね。


今回、私たちはトラブルなく”オクトーバーフェスト”を楽しめたけれど、
酔っ払いに絡まれたり、犯罪に巻き込まれることもあるので、
楽しみながらもお酒に飲まれないようにしておかないと。
スリも多いので気をつけなくては!

ミュンヘン最後の夜。
おいしいビールをたんまり飲んで至福の時間を過ごし、

”オクトーバーフェスト”を楽しむという旅の最大の目的をみごとに達成です!!
posted by kaho at 16:52| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 地球ぶらりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。